北川やすとし 兵庫県議会議員 六期

ホーム > 活動リポート > 冤罪撲滅

冤罪撲滅

誰もが安心して暮らせる社会は、自然に生まれるものではありません。ある日突然、身に覚えのない罪に問われて投獄され、無実の訴えも届かなくなることが、まだこの現代においても現実に起こっています。人権を無視した冤罪事案を撲滅することは私の使命です。

2020.12.28

精密司法とその乖離

さる12月13日、衆議院議員時代に国政の場で冤罪を防ぐ活動に取り組んでおられた若狭勝弁護士とオンラインで対談しましたので、その内容を公開いたします。 北川泰寿県議(以下、北川): 若狭勝弁護士は、検事から弁護士に転身した…続きを読む

2020.4.1

司法側の責任とは

新聞等でご存知の方も多いと思いますが、滋賀県の患者死亡による事件で捜査の手法に問題があったとして再審無罪判決が確定しました。詳細は各新聞に掲載のとおりですが、冤罪被害に遭われた方の今日までの負担は察して余りあるほどであり…続きを読む

2019.12.31

“人質司法”の是正へ 問題点の追求を ヒューマン・ライツ・ウォッチ 土井香苗・日本代表と意見交換

世界最大級の人権NGOで、正確な調査と公正で客観的な報告書による政策提言で高い評価を受けているヒューマン・ライツ・ウォッチ。1997年には地雷禁止国際キャンペーンの参加団体のひとつとしてノーベル平和賞を受賞しています。 …続きを読む

2018.7.2

杉原千畝 勇気の証言

梅田で開催されている「勇気の証言-ホロコースト展 アンネ・フランクと杉原千畝の選択」の大阪・北区展に行ってまいりました。 ホロコーストという悲しい歴史の真っ只中にいたアンネ・フランク氏、杉原千畝氏の置かれた立場、感情、思…続きを読む

次ページへ »

PageTop