北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 冤罪撲滅

冤罪撲滅

誰もが安心して暮らせる社会は、自然に生まれるものではありません。ある日突然、身に覚えのない罪に問われて投獄され、無実の訴えも届かなくなることが、まだこの現代においても現実に起こっています。人権を無視した冤罪事案を撲滅することは私の使命です。

2016.4.25

今年で11年

今年で尼崎の脱線事故から11年。西宮の知人も亡くなり、母と一緒に告別式に参列した事が、事務所前の鳴尾支所の半旗を見て脳裏をよぎりました。 熊本大分の地震、新名神工事の橋桁落下事故と最近は災害が続きます。それぞれに内包する…続きを読む

2015.3.18

曽祖父の句碑に想う。

先日、私は気づいていなかったのですが、支持者の方から新聞記事の切り抜きを送っていただきました。こういう形で曽祖父の足跡を見る事が出来て、大変感慨深いです。 曽祖父は俳人でもあるのですが、関東大震災時の東京市長として復興に…続きを読む

2015.3.2

取り調べの可視化実現へ共に〜鈴木兵庫県弁護士会会長と意見交換(県政報告平成26年1月号)

※この記事は「兵庫県議会議員北川やすとし県政報告」平成26年1月号より転載したものです。 【取り調べの可視化実現へ共に〜鈴木兵庫県弁護士会会長と意見交換】 北川やすとし県議は、先般、兵庫県弁護士会の鈴木尉久会長と、警察の…続きを読む

« 前ページへ次ページへ »

PageTop