北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 新元号「令和」と共に心を寄せ合って兵庫、西宮の未来を築いてまいります

活動リポート

2019.4.1

新元号「令和」と共に心を寄せ合って兵庫、西宮の未来を築いてまいります

新しい元号「令和」が発表されました。典拠は万葉集で梅の花を歌ったものそうですが、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と首相談話にもありました。まさに、文化教育都市の西宮に相応しい元号であり、地元の発展を象徴することのように感じております。

さて、選挙戦4日目の朝は、地元の阪神甲子園駅での街頭演説からスタート。今日から新年度という事もあり新社会人と思しき若人の姿も見受けられました。次世代を担う皆さんが安心安全に暮らせる魅力ある西宮になるような政策を進めていく所存です。

夕方の阪急苦楽園口での街頭演説では立ち止まり手を振って頂いたり、激励の握手をして頂きました。県会議員として18年務めてまいりましたが、さらに大きな期待を寄せられていることをあらためて感じております。明日も頑張ってまいります。

地域創生、私たちの手で。いざ実現へ!

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop