北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 秋の越木岩の薪能とだんじり巡行

活動リポート

2011.9.21

秋の越木岩の薪能とだんじり巡行

毎年この時期楽しみにしている西宮のイベントで、甑岩神社での薪能と苦楽園地区を練り回るだんじり巡行があります。

薪能は今年で第27回目を迎え、夜の帳が降りてきた頃を見計らってこども能から始まり、続いて火入れ式、プロの能へと続き今年は昆布売と橋弁慶。

何回も見ているか、台本に予め目を通しておかないと台詞の言い回しと動きだけでは、なかなか今がどういう場面か理解しづらく、特に途中からだと更に場面の理解が困難です。

昆布売は武士と昆布売が太刀と小刀の凶器の所有者が逆転するや、立場が入れ替わる下克上の有様を、橋弁慶この薪能でもお馴染みで、弁慶と牛若丸の五条橋での立ち回り、子どもが大人を負かす有様を楽しむようです。

現代劇に比べかえって斬新にも感じるのですが、なかなか楽しむレベルに私は届かず、もう少し回数を重ね鑑賞経験が必要のようです。

だんじり巡行は言うまでもなくその勇壮さと、市内を練り回るその賑やかな雰囲気が祭りを盛り上げ、阪急苦楽園口駅前での西宮神社のだんじりとの共同運行は目をみはるものがあります。

今後もこの盛り上がりが継続され、この越木岩地地区が益々栄える事を祈念します。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop