北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 令和2年度関西3空港の最大活用について考えるセミナー

活動リポート

2020.11.6

令和2年度関西3空港の最大活用について考えるセミナー

尼崎の都ホテルで、令和2年度の関西3空港の最大活用について考えるセミナーが開催されました。4人の講師が、各分野におけるこれまでの取り組みを新型コロナウイルス禍への対応を含めて講演されました。
東日本大震災以降の仙台空港の取り組みは、日本各地の空港の災害、地域復興に大いに活用できると思いました。また、コロナ終息以降に予測される新しいビジネススタイルへの対応は、航空機の搭乗減少の状況下、まだ試行段階の中にあるものの、これまでの蓄積から解決される可能性を感じます。
セキュリティーを担保した上での空港利活用の多様化が、国内鉄道の高速化と相まって、新しいビジネスの競争から更なる未来への翼となる事を期待します。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop