北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 阪神・淡路大震災15周年 メモリアルウォーク 1.17のつどい

活動リポート

2010.1.17

阪神・淡路大震災15周年 メモリアルウォーク 1.17のつどい

北川ブログH22/01/17
6千4百余名の尊い生命と財産を一瞬に奪い去った阪神・淡路大震災から、今年で15年を迎える1月17日。

震災の時刻、午前5時46分52秒に西宮市の満地谷に有る震災慰霊碑前で、亡くなられた方々のご冥福を祈り、午前8時西宮市役所前からHAT神戸(神戸市中央区)までの15キロを歩く「1・17ひょうごメモリアルウォーク」に参加して参りました。
北川ブログH22/01/17
今年は皇太子殿下雅子様も参列される公館での震災式典参加の為、ここ数年ご一緒していた井戸知事はウオークには参加されず、フォークシンガーの高石ともやさんらと共に、西宮市役所前を朝8時に出発。
北川ブログH22/01/17
冬の凍てつく寒さではありましたが一面の青空が広がる中、被災地からの輝かしい復興を遂げた町並みを歩きながら、1.17を風化させないこと、その記憶や教訓を次代に受け継いでいく大切さを胸に刻みました。

冒頭記入した様に、今年は15年目を迎えるという事で、皇太子殿下雅子様のお二人も参列され、領事を始め海外の方々も含め多くの関係者が出席した「1.17のつどい」。黙とう、「1.17ひょうご安全の日宣言」に続き、犠牲者の冥福を祈って慰霊のモニュメントに白いカーネーションを献花。

近年発生が予想される東海、東南海地震への万全な備え、そして一人一人が災害文化を意識し、日常生活に取り入れていくことが、大震災を生き残った私たちの使命ではないかと、献唱曲「幸せ運べるように」を歌いながら改めて感じ入りました。

<閑話休題>

翌週1月23日、これも毎年恒例となりました越木岩自主防災会主催による防災訓練が、北夙川小学校で開催され、子供から大人まで多くの方々が参加されていました。
北川ブログH22/01/17

 震災の教訓を身近に生かそうと、自衛隊や警察、消防と各組織も加わり市民の皆さんとの参加協力型式の大会で、各々の組織が毎年趣向を凝らし大人から子供迄その表情は、真剣な趣きが感じられ緊張の中に次代への災害文化と、防災活動の意義といった継承に一役買っている、そんな有意義な防災訓練となりました。
北川ブログH22/01/17

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop