北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 「2019 廃棄物適正処理推進研修会」 災害時の廃棄物処理 関係者の備えと連携

活動リポート

2019.7.3

「2019 廃棄物適正処理推進研修会」 災害時の廃棄物処理 関係者の備えと連携

近年、震災、風水害等の災害が発生する中、私も阪神淡路大震災で経験し悩まされた災害時の廃棄物処理やトイレ対策に関する研修会が神戸ラッセホールで開催されましたので参加しました。
東日本や熊本の地震災害や広島の風水害を例に、平素からの自立型の自治体の各事業者との連携と迅速な判断と依頼が、その後の被災者の健康被害を減じられるかについて議論されました。

仮設トイレから回収したし尿を、下水に投下する方法や家庭で焼却ゴミとして処理する方法について紹介され、また、被災地の仮設トイレの清掃をどの様に行うかについては、被災者が分担して取り組む、ボランティアへの協力を依頼するなどさまざまな意見が出ました。
男性と女性の抱える課題の違いや費用の負担などの認識も新たになり、下水道の完備、未整備地域との対応方法の違いも念頭に置きつつ、今後の兵庫県での災害時の備えに対して発言をしていきたいと思います。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop