北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 西宮スポーケン姉妹都市交換学生歓迎会

活動リポート

2010.6.26

西宮スポーケン姉妹都市交換学生歓迎会

北川ブログH22/06/26
西宮市はアメリカ合衆国のワシントン州スポーケン市(シアトルの少し右上くらいの位置)と昭和36年9月13日に姉妹提携を結び、以降交流の歴史の中で1976年にから交換高校生事業が始まり、2003年からは西宮スポーケン交換学生プログラム実行委員会が組織されて今年度で第30回交換事業を迎えます。

西宮市との姉妹都市提携のきっかけは、西宮の関西学院大の出身でスポーケンに在住される島田重雄牧師と、当時私の事務所所在地で正に地元中の地元、鳴尾町に在住されていたエドワード・ツタカワ氏の呼び掛けが始まりとなっています。

その後、交流事業の回数と共に順調に定着していった教育や夙川の桜祭りで披露されるカントリーダンスや展示コーナーといった文化交流を通じ、両市の地道な環境づくりが継続され来年で50周年を迎える事となり、スポーケン市への友好訪問も企画されている様です。

今日は、今回西宮から派遣される高校生の太期麻衣さん・加納永美子さん・井上慧太さん3人も参加する歓迎会で、スポーケン市から派遣されたLei Silva, Kaytlynn Davis, Riley Mathisさん三人と交流が西宮市民会館東館会議室で開催されました。

日本側からは、英語の落語や日本人留学生によるスピーチや体技、ダンスが披露され中々に和やかな、楽しい歓迎会となりその最中に三人と記念撮影。私のつたないながらの英語もどうにか通じ、西宮の印象や今後やりたい事を聞き、また私のHPへの写真掲載も了解して頂く事に成功。(う~ん中々言葉が違うと意志の疎通は難しい)

兵庫県内では四十一市町が、六十五都市と提携関係を持っているとされ1957年に始まった神戸市とアメリカシアトル市の交流が一番古く、西宮とスポーケン市との交流は県下で3番目に古い歴史を持つとの事。両市の関係が今後も益々良好で深い絆が結ばれる事を祈念します。

<閑話休題>
この日午前中、自衛隊隊友会創立50周年の記念行事が兵庫県民会館で開催され参加して参りました。私達の住むこの日本を守り、世界の平和と秩序に活躍される自衛隊の皆さんへの感謝と無事の任務遂行をを祈念しながら行事を見守り、言葉を胸に刻みました。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop