北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 第305回県議会 正・副議長に自民党県議就任

活動リポート

2010.6.11

第305回県議会 正・副議長に自民党県議就任

正副議長、常任委員会委員などを選任する第305回定例県議会は、6月3日開会、8日に代表質問を行ったあと、11日に本会議を再開し14議案を原案通り可決、閉会しました。

最終日の午後に行われた正副議長選では、民主党が来春の改選後を視野に独自候補を立てました。しかし、他会派との調整が十分でなかったことから、自民党を除く各派の糾合は不調に終わりました。

北川ブログH22/06/11
この結果、議長選は、自民党の山本敏信氏が民主20票、共産4票を大きく上回る65票を獲得。副議長選も、自民・小田毅氏61票、民主27票などとなり、正副議長とも自民党議員が就任しました。

常任委員会の選任では、私は産業労働常任委員会に所属することになりました。経済雇用対策の推進が強く望まれている中で、施策を厳しくチェックしつつ自民党議員団でまとめた申し入れを反映させていきたいと考えています。

また、新行革プラン3年目の総点検にあたって、行財政構造改革調査特別委員会(13人)を設置しました。自民党議員団でも16日に行財政構造改革調査検討委員会を発足しました。8月までに基本的な考えをまとめ、10~11月には検討結果を示す予定です。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop