北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 西宮市総合防災訓練に伺いました。

活動リポート

2010.10.22

西宮市総合防災訓練に伺いました。

今年も地元西宮市の阪神南広域防災拠点で総合防災訓練を行われ、昨年同様西宮市はもとより、警察や市内消防団、神戸海上保安部、陸上・海上自衛隊、企業、自治会防災といった各関係機関と市民合わせて1000人の方々が参加されていました。

当日は好天に恵まれ、少し肌寒くも穏やかな秋の中ではありましたが、訓練会場の広域防災拠点では住民の方々の避難、救助、初期消火の訓練、それに連動した行政側での避難所の開設や対策本部の設置とその機能発揮の確認。

続いてより専門的な機関による緊急物資の搬入や患者の輸送、海上自衛隊の掃海艇が停泊して見学可能な中、海上本部による海上と、潜水しての海難救助と中々普段目にする事が無いその訓練に見入り、次に倒壊家屋や高層建築物を模した建物からの救助活動、炊き出し訓練やバケツリレーとそれぞれの緊張した作業に防災への意気込みを感じました。

また閉会式では、災害対策本部長の河野市長が訓練講評を行い、災害時における関係機関との連携と各機関への役割と一人一人が認識して、迅速に役割を発揮して頂く事の重要性を述べられました。

毎年日本は元より世界各地で風水害を始めとした災害が起こっており、真っ先にすべきは自分の身を守る事は勿論、その後如何に行動していくか、この様な訓練を通じ新めて柔軟にかつ的確にその認識が深まる事を願いました。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop