北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 選挙戦、二日を終えて。

活動リポート

2015.4.5

選挙戦、二日を終えて。

senkyo20150404_13

【地域創生、私たちの手で】
いよいよ、地方統一選挙戦が始まり、本日3日目に入りました。

この四年を振り返りますれば、私個人としては母の冤罪に端を発して取り調べの可視化の実現に向け、日本弁護士連合会とともに活動を開始したことから始まりました。

しかしその後、豪雨災害と防災・減災対策、政務活動費の改正問題、果ては衆議院選挙での保守分裂と新聞に書かれ後に鞍替えとまで揶揄される迷走ぶりに、兵庫県の、あるいは西宮の政治への信用は傷つき、市民の関心を失わせ、引いては今年一月の県議会補欠選挙の低投票率へと繋がった感があります。

我が西宮市は、少子化による人口の減少、高齢者の増加と介護への備え、地域包括支援センターや看護師、介護士等の人材の育成、土砂災害や南海トラフ地震に備えた津波等の災害対策、そしてまた、これからの自然環境と財政に応じた街づくり、経済の活性化対策、西宮独特の人口増による教育環境の整備、道路渋滞の緩和と南北道路の更なる整備など、様々な課題を抱え、いずれも速やかに実現に移していかねばなりません。

本来の政治とは違った事で、兵庫県議会、西宮は脚光を浴びましたが、今度は他の自治体が参考にする街としての西宮を目指し、これからも更に職務に励んでまいりたいと思います。

県議4期を通じて、課題は十分に把握しております。私たちの手による地域創生の実現に向け精一杯取り組んで行く第一歩として、先ずはこの統一地方選挙でしっかり訴えて行きたいと思います。

皆さんの益々のご健勝ご多幸を祈念し、今後とも変わらぬご支援ご指導賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop