北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 東日本大震災から4年を経過して

活動リポート

2015.3.11

東日本大震災から4年を経過して

shinsai20150311

今日で、東日本大震災から4年が経過しました。事務所前の西宮市支所の国旗も半旗で掲揚され、近隣のお寺では亡くなられた犠牲者のために追悼の鐘が鳴らされています。亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、御遺族に対し、深く哀悼の意を表します。

阪神淡路大震災を20年前に経験した兵庫としては、他のどの自治体よりその思いを共有できる分、今後の対応もより現況に則したものを考えねばなりません。

避難や減災といった震災の記憶を風化させることなく質を高めていく取り組みも必要であれば、苦しみを乗り越える、あるいは忘れて今を元気に生きていけるような心のケアといった取り組みも必要です。

テレビ、新聞で震災のことが報道されていますが、災害の恐ろしさや災害の爪痕、現状の再認識の内容が多く、いま元気に頑張っていますといった内容が少ないように感じました。

阪神淡路大震災の復興も道半ば、20年経過した今こそ、暗くなるばかりでなく元気に復興に取り組んでいる雰囲気を醸し出し、明るい未来を創造する政策を打ちたてて取り組んで行きたいと思います。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop