北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 兵庫・西宮の晩秋~11月下旬の活動を振り返って。

活動リポート

2010.11.30

兵庫・西宮の晩秋~11月下旬の活動を振り返って。

いよいよ来月で今年も終了、西宮市内でも美しい紅葉が見られ、心和みながら中々に難しいこの時世に思いを馳せながら、月末に活動した中から、一部重複しますが幾つかまとめてご紹介したいと思います。

『津門地区防災訓練』

今月27日、私が顧問を努める津門社会福祉協議会と津門地区自主防災会による「防災訓練」が開催され参加して参りました。今迄も何回か開催されていた様ですが今回初めて参加、9時半に模擬避難指令のサイレンが鳴り、各町から次々にまとまって模擬のけが人を運びながら避難して来るその様子は、さすがに日頃からの結束が取れている絆を感じます。

全体会場となった、津門小学校では消防局による救出や消化訓練等の指導が熱心に行われ、参加者の皆さんの災害に対する心構えを新にする素晴らしい機会となったと思います。

『衆議院選挙候補者募集』

防災訓練終了後、自由民主党兵庫県連へ移動。昨年の衆議院選挙以降、私が所属します自由民主党の地元7区(西宮・芦屋)では代議士が空白で、来るべき衆議院選挙に向け先月から候補者募集を新聞他で公募しておりましたところ、他の代議士空白区をも含めて多くの応募があり、このたび自民党兵庫県連で第一回目の審査会が開催され、私も審査員の一人として参加して参りました。

名前他、詳細は各地区の候補決定迄公開出来ず一人頭の写真になりますが、各応募者の真剣な眼差しや政策を聞きながら、自分とはまた異なる角度からの観点も感じられ中々に引き込まれます。

(中には、代議士を目指す意義を勘違いされている方も見受けられ、これも就職難の影響かなと苦笑したり。あるいは、能力・魅力を感じるものの、こっちの方が勝てそうだからと、国民の為というより自分の為という意識の強い方もおられて唖然としたり。こちらの気持ちの切替も中々大変です)

来月中に審査内容を纏め、二回、三回と審査を重ね、場合によっては兵庫6区も含めた再募集の可能性も視野に、この7区を任せられると信じる方を真剣に見出したいと思います。

『宮っ子祭り』

翌日28日、夙川公民館を出発し市役所前の六湛寺公園をゴールとして、健脚と一般とに分かれた第17回宮っ子祭りウオーキング「わがまちを知る」が開催。

甲山廻りや西宮神社廻りと、コースも西宮の特色に富み先約公務がるため全行程は無理ながらも、私も一般の方と暫くダイエット・・いやいや、わがまちを知るウオーキング。秋の晴天昼下がりの中、ゴールでは各地域の出店も有り、温かい物を一口二口。

明らかに、ウオーキング消費分をオーバーするカロリーを摂取したと後々気づくも、時すでに遅し・・食欲の秋と出店の美味しいのが駄目なのだと言い訳しながら、今日食べた分は明日の分、明日からのダイエットを心静かに決意した昼下がりでした。

『薬と健康フェア』

六湛寺公園から歩く事約10分、西宮フレンテホールで私が顧問を務めさせて頂く(社)西宮薬剤師協会主催の薬と健康フェアに参加。

「さらさら血液」がテーマと、メタボ・中性脂肪・高血圧と先程の事を思い出し頭を抱えながら各コーナーを回り薬草茶を試飲し、(ついでにと、薬草クッキーもおかわりしながら、「これでは元の木阿弥」と途中で止めて家の母へのお土産にしました)講演を拝聴。

会場の皆さんと脳梗塞や心筋梗塞予防をしっかり学びながら、明日からの健康生活を強く意識しました。

『北川やすとし勉強会』

翌日29日は私の企画する政策懇話会を午前11時から約1時間半、西宮市民会館で開催。

これまで講師には、昨年11月の経済産業労働省から4月の農林水産省、7月の元国土交通省と今回まで計4回各官僚の方を講師にお招きしていますが、今回は昨今の日本の情勢を考えるに適任の外務省出身で、5年前迄は大韓民国で2年前迄はドイツ連邦共和国全権大使の経験を持つ髙野紀元さんによる、アジアとEUを踏まえた講演でした。

尖閣諸島を始めとする領土問題や経済、朝鮮民主主義人民共和国委からの大韓民国への砲撃等々、緊迫する状況下における日本の立場を、第二次大戦を経験したドイツ連邦共和国と日本の世界に対する外交の共通点を絡めつつ、テレビや書籍でははかり知ることのできないあらゆる角度から分析、解説いただき、今後の日本の外交戦略を考えさせられる内容となりました。

『末松信介議員の「2010飛躍の集い」』

政策懇話会終了後、有志で少し時間を取って頂いた髙野先生と懇談して伊丹空港迄お送りした2時間後、神戸で開催されました先輩議員でもある参議院の末松信介議員の「2010飛躍の集い」に参加して参りました。

集いはセミナー形式で、講師は自由民主党総務会長を務められ、亡父の時からご指導頂く小池百合子衆議院議員。昨年の衆議院選挙から、現在迄の経過を踏まえ現政権の的確な評価や自由民主党の再起へ向けた現政権との差異を強く打ち出し、外交を通じた日本の有るべき指針を強く考えさせられる内容でした。

懇親会では、久しぶりにお会い出来た事を祝して掲載許可も頂き写真撮影。今も変わらぬ政治への熱い思いとお姿をとても嬉しく思いました。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop