北川やすとし 兵庫県議会議員 五期

ホーム > 活動リポート > 展示会を通じた取り組みもさまざま

活動リポート

2020.2.21

展示会を通じた取り組みもさまざま

県議会も始まり、予算成立に向け議会では慌ただしさを感じるこの頃ですが、事務所への帰途、フレンテホールで開催された西宮コミュニテイ協会と西宮市の協働事業であるコミュニテイ推進大会「参画と協働のまちづくり」、市民会館で開催中の宮水学園祭、市民ギャラリーで開催されたEWC環境パネル展を見学して参りました。
コミュニテイ推進大会は、西宮市コミュニテイ協会の設立40周年の映像紹介やご尽力された皆さんの表彰式が行われました。西宮市の冊子といえば「宮っ子」ですが、この冊子制作への取組みを通じ地域活動へ取り組む皆さんへの感謝の想いを新たにしました。

宮水学園祭は、写真や絵画、俳句、ガーデニングや洋裁、和裁が展示され各展示品を通じ、思い思いの表現、趣意、楽しさが伝わり、私もいずれ学園に入りここで展示をという考えが頭をよぎりました。明日は隣のアミティホールでも舞台発表が行われ、前日の今日はリハーサルをされていましたが、本番同様の熱気を強く感じました。

EWC環境パネル展は西宮市内の小学生を中心に、環境をテーマに資源エネルギーを始めとした幾つかのテーマを地域毎に分かれて発表展示され、中には地域の歴史と絡めた表現と新たな発見があり、海外の作品と併せ見入ってしまいました。
文教住宅都市にふさわしい展示会を拝見し、心の充電をいたしました。

投稿者:北川 やすとし


≪ 戻る

PageTop