兵庫県議会議員 四期北川やすとし

2017年12月1日

阪神湾岸地域高速道路網 整備促進国会議員連盟 第2回総会

wangan20171201

本日、阪神湾岸地域高速道路網整備促進国会議員連盟の第2回総会が参議院議員会館で開催され、湾岸線の延伸と湾岸線と名神を結ぶ名神湾岸連絡線の早期着工に向けた要望会に参加して参りました。

湾岸線と名神高速と阪神高速、国道43号線のバイパス渋滞緩和、住宅街への環境軽減につながるであろうこの計画は先日の新聞報道でご存知の方も多いと思います。

私の祖父故永田亮一が阪神大震災時の年末に、「阪神間に流通他経済の活性を産むであろう名神高速の出口に、阪神高速とも併せて湾岸道路との接続、整備を進め、道路交通網の強化を図ることが神戸港の物流拡大・災害対応に適応した道路を整備する上で必要ではないか」と話していたことが記憶に蘇ります。

兵庫県政150周年の前に、震災からの復興・兵庫の景気拡大としてこの道路交通網整備は、物流をはじめ人の流れや神戸港をより活用することにつながり、さらには関西国際空港・神戸空港・伊丹空港の三位一体の運用と兵庫の未来に貢献することでしょう。


投稿者:北川 やすとし

≪ 戻る

PageTop