兵庫県議会議員 四期北川やすとし

2016年4月25日

今年で11年

naruo20160425

今年で尼崎の脱線事故から11年。西宮の知人も亡くなり、母と一緒に告別式に参列した事が、事務所前の鳴尾支所の半旗を見て脳裏をよぎりました。

熊本大分の地震、新名神工事の橋桁落下事故と最近は災害が続きます。それぞれに内包する課題をあらゆる角度から精査し、今後の再発を防ぐような施策を実行するよう、産学官の連携が肝要であると考えます。

そしてそこには、加害企業への罰金、役員起訴といったことも含まれるやもしれませんが、こうした官・民に対する捜査は強制的に行われるにもかかわらず、いわゆる冤罪を生み出す司法への強制捜査にはなかなか踏み出せず、捜査の可視化も一部の特定案件でのみの30%程度で、ろくに進んでいません。一体いつになったら、当たり前のこととして実現するのでしょうか。

私はこれからも、微力ではありますが、司法の手による冤罪を撲滅し、官・民よりも厳しく処罰される制度の構築への取り組みに尽力したいと思います。


投稿者:北川 やすとし

≪ 戻る

PageTop